マリッジブルーになりやすい時期

マリッジブルーの時期は、人それぞれで違ってきます。

最も多いのは結婚式の準備をはじめる頃だと言われていますが、そのほかにもプロポーズ直後、両親への挨拶へ行くとき、婚姻届を提出した瞬間なんていうのもあるようです。

しかしそもそも男性であればプロポーズをするときに、女性であればそのプロポーズを受けると決めたときに、各々しっかり決意を固めていたはずですから、その後不安を抱いたり憂鬱になったりするのは「潔くない」ということになるのでしょう。
とはいえ人生における最大級の選択ですから、そこに不安を覚えるのも仕方ないことではあります。実はマリッジブルーは起きる時期によって、いくつかのパターンがあると考えられます。
男性のマリッジブルーが注目されない理由

最も早い段階は、プロポーズの直後でしょう。

する側の男性はともかく、された女性が思い悩むのは、ある意味当然であり健全なことです。問題になるのはプロポーズを受けた(OKした)直後というパターンです。

それまではプロポーズされることばかりを夢見ていて、そこをドラマのラストシーンのように考えていた女性にとって、「続き」という現実が真剣に考えられないのかも知れません。

abambi_結婚次は最もよくあるパターン、結婚式の準備段階です。

本来なら二人で作る「晴れ舞台」となるはずですが、外野の意見や都合に左右されることも多く、どうしてもストレスが溜まります。特に主導的立場を担う新婦にとっては、他人任せの新郎や、身勝手な親類縁者と関わるうち、いったい誰のための結婚なんだという気分にもなりがちです。

カタログをベースとしたネット通販はわりかし古い歴史を持っているようです。
オリジナリティのあるECサイトを
言ってみれば電子カタログをインターネット上にウェブサイトを利用して置いておくというようなスタイルなのではないでしょうか。

ドラマの主演女優が脚本、監督、日程調整から出演者の弁当の手配までするとなれば、文句のひとつも出るでしょうし、憂鬱にもなるというものでしょう。

最後は婚姻届を出した直後というパターンです。

これに限らず、結婚が現実味を帯びてくると急に不安になるというのは、男女問わずあるようで、特に法的な届け出は、「もう後戻りは出来ない」という気分になるため、その傾向がいっそう強いのでしょう。

取り扱う商品数が多ければ多いほど「良いECサイト」というわけではありませんが、ユーザーの選択の幅は広がります。
豊富なラインナップのECサイトの魅力
どんなものでもインターネットで買える時代はすぐそこまで着ていると感じているのは私だけではないはずです。

以上のようにマリッジブルーになる時期には「決意の揺らぎ」といった感情が見て取れます。これは決断の大きさからみて仕方の無いことでもあるので、周囲の人はそれを念頭に心のケアをしていくべきでしょう。

また同時にマリッジブルーになる自分を必要以上に責めることなく、率先して他者に相談することが大切です。あなたの大事にパートナーだって、きっとそれを望んでくれているはずですから。